シリウス通院記録6/25穿刺は続けて大丈夫なのかな

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 22:37

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

オイラがシリウス、たまには写真もな

 

どうも、オイラのようなブラックは写真写りが悪いぜ

 

本日のシリウス通院記録

 

体重 3.48圈,曚槓儔縮気

心拍数は、100超えるくらい、変わらず

 

エコーで水の溜まり具合を確認

『前回と同じくらいのレベルで溜まってますね』

『今日は心嚢水が溜まってきていますね』

 

いつものように、預けての処置をお願いする

 

そして、先生にお聞きしてみた

 

Q:もう半年近くの間、週に1回ないしは2回、穿刺で胸水を抜いており

これからも抜き続けることになるかと思うのですが

何度も繰り返して体に針を刺すことが、何か悪い影響を及ぼさないでしょうか

 

『ときどき抜いた水が赤いときがありますが』

『それは、胸の血管を引っかけたときに赤くなります』

『重要な血管でなければ問題は無いですが』

『重要な血管を引っかける可能性もあります』

『心配することは、これが一つ』

 

『それから、回数を重ねる毎に、拒否が強くなってきて』

『暴れたりして抜けなくなってくること』

『なので、なるべく抜く回数は少なくしたいと思うので』

『今の薬を頑張りながら、あと利尿剤とかも使いたいところですが』

『そうすると、今度は薬への拒否が強くなって、今までの薬も飲めなくなってくる可能性』

 

『シリウスさんのように、安定的に抜かせてくれる子は、ほとんどいない』

『リスクはもちろんありますが、シリウスさんの場合は』

『抜くことと、今の薬を頑張ってもらうことが一番のベストだと思います』

 

『抜かれることがイヤになってくることは、けっこう大きな問題なので』

『刺すときの痛いところの通過を早くするとか工夫はしています』

 

Q:刺す場所はいつも同じなのですか

 

『安全にさせる場所、抜きやすい場所、1回で多く取れる場所が限られているので』

『ほとんど同じ場所になってしまいます』

 

Q:刺すと、やっぱり傷になりますよね

同じ場所ばかり刺しているとその場所が硬くなったりして

次第に刺せないようになってきたりはしませんか

 

『針レベルの細さであれば、傷に関しては問題ないと思います』

『硬くなってくるのはあり得ることと思いますが』

『点滴のように血管に刺すのではなく、中の空洞のところに刺しているので』

『表面のところがどんなに硬くなろうとも、基本としては大丈夫です』

 

『ダメになるケースとしては』

『イヤになるパターンと、蜂の巣状に膜が張ってしまうこと』

『そうなると、今のように簡単には抜けなくなってくる』

『今のところ蜂の巣状の膜は発現していないが』

『肺の表面に膜が張ってきている可能性はあると思います』

 

 

午後のお迎え

 

1週間はあけたいところだけど、、、

 

『1週間では溜まりすぎると思います』

 

やはり、この量では次回は3日後の金曜日

火曜日と金曜日の通院が続きそう

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

ガウガウ言ってても喧嘩じゃないよ

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 00:23

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

はい、アリ&エルですぅ〜〜

 

あたしたち、

こんなにいーっぱいのオモチャ持ってるの

ちょっとすごくない?

 

 

ね、どれで遊ぶ〜?

 

 

どれにしようか〜

 

 

 

やっぱり、コレが一番楽しいよね〜

そうでしゅね〜これで遊びましょ〜

 

 

今日も始る、ガウガウ遊び

 

知らない方には、犬の喧嘩にも見えそう

怖いって感じるかも

 

でも、ガウガウの声が大きいだけ〜

 

こんなふうに一緒に遊べるのは幸せだよね〜

 

 

 

 

見ていると、引っ張りっこのときに

エルサがアリスに、お尻を向けたり背中を押しつけたりしてます

 

これは、エルサのアリスに対する信頼と愛情の表現

敵意のないことを表してます

 

ガウガウ言っても敵意はありませしぇーん

アリス姉ちゃんを信頼してまーっしゅ

なのでお手柔らかにお願いしまーす

仲良くしてくだしゃいね〜 ガウガウ、ウーウー

 

あ〜あ、今日も楽しかったでしゅ〜ワン

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

元野良猫たちがネズミ退治で大活躍、殺処分を免れ

  • 2019.06.23 Sunday
  • 22:35

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

元野良猫たちがネズミ退治で大活躍、殺処分を免れ 米首都

6/23(日) 16:43配信

 

米国の首都ワシントン(Washington D.C.)各所の家々やオフィスで活躍する「暗殺者」たち。彼らは音もたてず、ひそかに「侵入者」に忍び寄って息の根を止める。ただ、マフィアの殺し屋や忍者とは違い、彼らの雇用条件は簡潔。報酬に一皿のミルクを与えれば十分だ。
 この秘密情報員らの正体は、ワシントンの路上で保護された野良猫たちだ。彼らが担う密命は、当局が増殖に頭を抱えているネズミなど、害獣となるげっ歯類の駆除だ。野良猫たちは、ワシントンの動物愛護団体「ヒューメイン・レスキュー・アライアンス(HRA)」に保護された猫たちで、保護されていなければ殺処分される運命にあった。
 人になつかず、ペットには適さない元野良猫たちの活用策としてHRAが2017年に立ち上げたのが、元野良猫たちによるネズミ退治プロブラム「ブルー・カラー・キャッツ(Blue Collar Cats)」だ(ブルー・カラーは肉体労働者を意味する)。HRAは、環境に優しく、ネズミ捕り器や殺鼠剤にとって代わる新たなネズミ駆除とうたう。
 ネズミ駆除を担う元野良猫たちの多くは一匹おおかみタイプで、人間に近寄りたがらない。つまり、ネズミハンターとしての本能だけを活用するには理想的なのだ。
 HRAのローレン・リプシー(Lauren Lipsey)氏の説明によると、依頼者は自宅のネズミを駆除する見返りとしてブルー・カラー・キャッツの猫に定期的に食料と水を与え、悪天候時には雨風をしのげる場所を提供することが求められる。猫の健康状態など生活全般に目を配り、不測の事態が起きた場合は応急手当てを受けさせるという条件も、依頼主たちは受け入れているという。これまでに約250匹がネズミ退治の使命を担い、ワシントンの家庭やオフィスに投入された。
 HRAのプログラムはげっ歯類の駆除に大きな成果を上げているが、それにとどまらず、猫たちの命を救う結果にもなっている。
 リプシー氏によれば、プログラムができる前、人間になつかず飼い猫に適さない野良猫たちは保護されても行き先がなく、基本的に殺処分の対象になっていた。プログラムの創設時、ワシントンでは保護された野良猫の12%が殺処分されていた。だが、現在はこの割合が9%まで低下したという。
 HRAでは「ブルー・カラー・キャッツ」プログラムをワシントン外にも拡大する計画だ。

 

 

日本ではなかなか実現出来ないようなことでも

アメリカでは臨機応変にやってのけること、多い

良い取り組みだとは、思うけど

果たして、日本では、どうだろう、受け入れられるかな

 

猫たちの健康管理はどうするのかな

放すときに予防接種して、あとは自然(野生)にお任せかな

もちろん、避妊手術もしておかないとね

 

頑張ってね、猫ちゃんたち

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

ペット保険は必要かなぁ、の再考

  • 2019.06.23 Sunday
  • 21:11

JUGEMテーマ:わんこ

 

ハーイ、アリ&エルですぅ〜仲良しでっす

 

今回はまたカーチャンが難しいこと考えてるみたいで、、、

 

 

ちょっと〜ちゃんとお話ききなさいよ

 

 

エルサお嬢様、アリスお姉ちゃんのときと同様に

お店の方に勧められるままにペット保険に入ったのですが

 

まあ、子犬の頃は、何かと病院のお世話になることもあり

事実アリスさんも、下痢や外耳炎での通院もあったことだし

1ヶ月間は100%の補償がつくので、取りあえずは入りました

 

でも、1年後の更新をどうしましょうか、

と、今から思案している訳です

 

アリスの場合は更新しませんでしたが

エルサが入っている保険はアリスのときと違っていて

前回試算したときの

*1年に20回までしか保険は適用されない

*保険使用頻度によって翌年の保険料が増額される

という条件がない

 

支払い保険料もやや低価格

それに11歳以降は保険料は上がらない

 

 

さて、では、試算してみましょうか〜

 

エルサが15歳までに払う保険料 プラン70 年払い

0歳    34,880

1〜3歳 32,600×3 ⇒ 97,800

4〜5歳 43,810×2 ⇒ 87,620

6〜7歳  47,400×2 ⇒ 94,800

8〜10歳 53,810×3 ⇒ 161,430

11歳〜   71,640×5 ⇒ 358,200

 

支払う保険料合計 ¥834,730ー   

 

15年間に

・治療費 総額50万円かかったと仮定

保険に入っていない場合  50万円

保険に入っていた場合   834,730+3割負担150,000 ⇒984,930

 

・治療費 総額100万円かかったと仮定すると

保険に入っていない場合  100万円

保険に入っていた場合   834,730+3割負担300,000 ⇒1,134,730

 

・治療費 総額125万円かかったと仮定すると

保険に入っていない場合  125万円

保険に入っていた場合   834,730+3割負担375,000 ⇒1,209,730

 

・治療費 総額150万円かかったと仮定すると

保険に入っていない場合  150万円

保険に入っていた場合   834,730+3割負担450,000 ⇒1,284,730

 

 

うーーん、そっかぁ〜

エルサお嬢様の生涯で、120万円以上の治療費がかかれば

保険に入っているほうがお得なんだけど、という結果

 

 

ねえ、わかった〜? えっ?

 

 

さて、どうしましょうかねぇ

エルサが入った保険のプランは

1度契約を切ると改めての加入は出来ないとのこと

 

結論は先送り・・・

 

 

 

むつかしいお話はおいといて、、

今日も1日楽しく遊んだアリエルお嬢様たち、でした〜ワン

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

 

アリエルのほっぺの毛

  • 2019.06.22 Saturday
  • 23:26

JUGEMテーマ:わんこ

 

ハーイ、ふたり揃ってアリエルでっす〜

 

 

 

アタチのほうがエルサでっす

 

すっごくもしゃもしゃになってきましたでしゅ

 

 

ほっぺの毛が伸びて

トーチャン、カーチャンがほっぺを引っ張って遊ぶのです

 

 

 

気になるのは、ほっぺの毛

 

 

もーやめてくだしゃい〜

 

ああ〜、足裏の毛もカットしないと〜

爪切りもしてないし〜

 

もうしばらくしたら、初トリミング経験ですな

 

 

ええ〜、トリミングってなあにぃ

 

うちに来た頃

スリッカーを怖がってたエルサお嬢さま

ブラッシングを嫌がるというより、怖がるの状態

怖いよ〜イヤだよ〜と逃げる

子犬の時に、痛い思いでもしたのかなぁ

 

でも、カーチャンが

抱っこで優しく優しくブラッシング

ガマンしてたらオヤツをあげて、いい子だね〜

それを何日か繰り返したら

すぐに怖くないことが理解できた

 

ヨシ!

いよいよトリミングの初体験、予約してきました

 

間もなく、もしゃもしゃの顔も見納め

ちょっと寂しい感じもする

 

 

 

今のエルサと同じ月齢のころのアリスお姉さん

 

 

 

もしゃもしゃ、可愛いなぁ〜

 

 

やっぱり

ほっぺの毛、伸びてたんだね

 

 

今日も、ガウガウ遊びで楽しんだアリエルお嬢様たちでした〜

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

エルサの寝相

  • 2019.06.21 Friday
  • 23:46

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

はーい、エルサでっしゅ

 

 

 

毎日、アリス姉ちゃんと楽しく遊んでます

 

 

 

 

 

遊んだあとは、お昼寝

 

 

このピンクの板の上、大好き

冷たくて気持ちイイです

 

 

、、で、ぐっすり寝てたら

 

ミニマルくんが近づいてきたけど

 

 

 

あらあら、エルサさん

全然、起きません

 

 

安心しきって

堂々たる寝相です

 

 

 

 

夏の必需品

ひんやり冷たいクールボード

 

 

カーチャン、楽チンお掃除のお相手は

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

ヒヨとシリウス通院記録6/21

  • 2019.06.21 Friday
  • 21:21

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

*ヒヨの診察

 

体重 6.46圈

 

心臓の確認をする時、今日は暴れました

いつも大人しいヒヨなのに、珍しい

ニャアオ〜ギャアオ〜

回を追う毎にイヤイヤ度が増してます

 

噛みつきそうになったので、エリザベスカラー装着

ヒヨには牙がないが、噛まれるとけっこう痛い

 

 

6月7日の検査の際には、約6メートルあった血液の流れが、
本日は3メートルちょっととなった
一応、数値的な目標は達成できたとの判断
聴診でも心雑音がほとんど聞こえなかったので、流速が落ち着いている模様
興奮した状態での計測、家で落ち着いているときは、問題ないと思われる
次回は、4週間後 
今までどおりの投薬を続けながら経過観察

 

*シリウス

 

体重 3.38

心拍数 100ちょっとくらい

 

エコーにて観察

前回心嚢水を抜いたので心嚢水は溜まってない

胸水が溜まっていたので、抜いてもらう

 

午後のお迎え

約140㎖

 

次回は、4日後の火曜日

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

ヒヨとシリウス、6月の通院記録、ペースメーカーについて

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 18:49

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

《6月7日 金》 

ヒヨとシリウスの通院

 

ヒヨ

血流の速度が毎秒6メートルだったところ

本日は、5メートルとなっている

正常な早さは、毎秒2メートル程度で

まだ早すぎるので、薬が増えることとなった

『8分の1から始めて、前回が6分の1で今日からは4分の1にします』

『ヒヨちゃんの体重からいくと3分の1くらいまで上げるかもしれません』

 

薬 アテノロール25咫4分の1錠を1日2回 ⇒血圧を低下させる

  フォルテコールビーフ 5咫。科の1錠を1日2回 ⇒血管の拡張

 

2週間後に再診

 

 

シリウス 一週間で溜まった量

この調子なら次回は1週間後

 

 

《6月11日 火》 

シリウス 前日より食事をせず

元気がないので1週間待たずに病院へ行くこととした

 

4日間で170㎖

 

再び溜まる速度が速くなってきた

 

『心拍数は、100くらいでやや少ないものの』

『70くらいもあれば、これほど早く胸水が溜まることはない』

 

『超音波検査で、肺が膨らみにくくなってる様子と思われる』

『肺の表面が硬くなってきているのではないか』

『次第に厳しくなってきますね』

 

超音波検査とは 人の耳には聞こえないくらい高い周波数の音を体の表面から当て

体内の臓器や組織の境目などから反射してくる音を画像として表示する検査

空気を多く含んだ肺は空気に邪魔をされてほとんど画像として描出できない

しかし、シリウスの場合

心臓や肝臓のように肺が写し出されるようになってきた

肺が十分に膨らまなくなってきていると思われる

 

・先生は、ペースメーカーはお勧めですか

 

『いえ、お勧めしません』

『単純な房室ブロックではなく、心臓の筋肉そのものがダメージ受けている』

『ぺースメーカーを埋め込む際の危険も大きいと思う』

 

・お高いんでしょうね、100万くらいとか

 

『そうですね、仕入れ先にもよりますが、70万〜とかはしますね』

 

 

 

《6月14日 金》

 

3日間で、190㎖

 

先月は、一時的に心電図も良くなったけれど、本当に一時的だった

結局は治らない病気、昨年末に診察を受けたときは

一ヶ月くらいで亡くなると予想だったが

よく頑張ってくれた、でも、そろそろ覚悟も必要か

 

 

《6月18日 火》

 

胸水 4日間で175㎖

 

エコー画像を見ながらの説明あり

 

『まあ、頑張って動いてくれてますが』

『この部分の心筋が以前と比べて薄くなってる印象があります』

『動きは最初の頃よりも動けているかと思うので』

『お薬がもっているある程度取れていることで、もっている状態』

 

『ペースメーカーでは実績のある先生に聞いてみましたが』

『やはり、シリウスさんは、埋め込み対象外とのことでした』

 

心拍が低下していることで心不全が起きているのであれば

ペースメーカーを入れて心拍を正常な状態にすれば心不全は改善する

シリウスの場合は、心拍の低下に、心臓の筋肉の悪化も合わさっての心不全

心拍が上がると胸水の溜まりが少なくなり、

一時的には状態が良くなったように見えることもあるが

心臓の筋肉自体は時間を追って悪くなって行く

診断図も一時よくなっていたが、本日はちょっとあまり調子良くない状態

また、手術、麻酔によって心筋症が悪化することが考えられる

さらには、術中に亡くなる可能性もある

 

『しかし、シリウスさんは本当に驚異的に頑張ってますね』

『ペースメーカーの先生にシリウスさんの状態をお話ししましたら』

『え〜ほんとう〜、それは凄いね〜と仰ってました』

 

 

6月通院記録

続きは別記事にて更新

6月21日(金)シリウスとヒヨ

6月25日(火)シリウス

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

札幌女児衰弱死 飼い猫13匹も飼育放棄

  • 2019.06.14 Friday
  • 23:59

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

札幌女児衰弱死 飼い猫13匹も飼育放棄

6/14(金) 19:32配信

 

札幌市で女の子(2)が衰弱死した事件で、母親らは、自宅で飼っていた10匹以上の猫を飼育放棄していたことが新たに分かった。室内はフンや尿で汚れた状態で、母親が不在のときは、劣悪な環境の中に女の子が放置されていたとみられている。

 逮捕された札幌市の池田莉菜容疑者と交際相手の藤原一弥容疑者は、池田容疑者の娘の詩梨ちゃん(2)に暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。

詩梨ちゃんの死因は衰弱死で、死亡する2週間ほど前から食事を与えられていなかったほか、長期間にわたり育児放棄の状態だったとみられている。

 その後の関係者への取材で、2人は、池田容疑者の自宅で飼っていた猫13匹に対しても食事を与えないなど飼育放棄していたことが新たに分かった。

猫を保護した団体の代表「(猫に)ご飯とか水を与えなかったり、汚いところに置くのは虐待。猫でもこんなにひどい状態なのに、人間はどうしていたんだろう。特に小さい子なんて」

保護されたとき、多くの猫はあばらが見えるほどやせ細り、通常の半分ほどの体重だった。体には大量の寄生虫やダニがついていたという。

池田容疑者の自宅は猫のフンや尿で汚れた状態で、詩梨ちゃんは劣悪な環境下で激しい暴行を受け、母親が仕事などで不在のときも放置されていたとみられている。

 

------------------------------------

 

あまりにも惨いニュースで言葉も出ない

想像するにあまりある、痛々しく胸が痛いです

 

詩梨ちゃんのご冥福を祈ります

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

「猫50匹殺した」 52歳の男を窃盗容疑で逮捕

  • 2019.06.13 Thursday
  • 16:18

JUGEMテーマ:生き物

 

「猫50匹殺した」 52歳の男を窃盗容疑で逮捕

6/13(木) 13:11配信

 

 富山県内で猫が相次いで連れ去られていた問題で、52歳の男が飼い猫1匹を盗んだ疑いで13日に逮捕されました。

容疑者の男はJNNの取材に「猫を50匹殺した」と話していました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、富山市の無職・新村健治容疑者(52)です。

警察によりますと、新村容疑者は先月19日、射水市内の路上で、近所の男性の飼い猫1匹を盗んだ疑いが持たれています。

新村容疑者は警察の調べに対し、容疑を認めています。

 また、新村容疑者は逮捕前の今月4日、JNNの取材に対し、「1年半前から飼い猫や野良猫を相次いで連れ去り、50匹以上殺した」と話していました。

 「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから、ただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた」(新村容疑者〔今月4日〕)

Q.しばらく放っておいて、最初に何した?

 「お湯かけました」(新村容疑者〔今月4日〕)  警察が余罪を調べています。

 

 

富山で飼い猫連れ去りが多発 男を窃盗容疑で逮捕

6/13(木) 11:58配信

 

 飼い猫を連れ去ったとして、富山市内の男が窃盗の疑いで逮捕されました。

富山県内では飼い猫の連れ去りが相次いでいて、警察が関連を調べています。

 富山市の無職・新村健治容疑者(52)は先月19日午後1時半ごろ、富山県射水市の路上で飼い猫1匹を盗んだ疑いが持たれています。犬や猫の保護活動をしているボランティア団体によりますと、富山県内では飼い猫が連れ去られる被害が先月までに少なくとも5件起きています。この団体が今月4日、新村容疑者の自宅を訪れて直接、話を聞いたところ、1年以上前から50匹から100匹の猫を連れ去って殺していたことを認めたということです。警察が余罪を調べています。

 

 

====================

 

 

窃盗罪で捕まったとのこと、

昨日、動物愛護法が改正されて、少し厳しくなりましたが 動物は物扱いであることは変わらず、

窃盗罪や器物破損罪ではなく、 命として扱う厳しい法律が出来てほしいと思います

 

また、動物虐待をする人は、猫では満足できないようになり

逮捕されなかったら人にまで危害が及んだ可能性もあり

動物虐待に関しては、もっともっと取り締まりを厳しくしてほしいものです

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

我家のエステルとキングが啓蒙活動

(環境省You Tube)
エステル&キング

(環境省警察庁ポスター) ポスター
環境省HP「動物の愛護と適切な管理」関連資料パンフレット・報告書等より

私のブログ

・旧エステルの生活
エステルの生活
・エステルの生活
エステルの生活
・つばめのおうちは家の中 つばめのおうちは家の中

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM