ゾウのニュース、衝撃的な写真

  • 2019.08.18 Sunday
  • 22:34

JUGEMテーマ:生き物

 

動物たちって、本気で人と戦うと絶対に勝つ

ペット化された犬猫でさえ、本気で怒れば、人なんてひとたまりも無い

 

だけど、人は姑息にも武器(道具)を使うからな

 

ゾウだって、本気で怒って暴れると、人なんて屁でもない、

 

はず

 

 

なのに、ゾウは、人にこき使われても、じっと耐える

ゾウさんって、ほんとに優しいんだね〜

だから、なお、人に良いように使われるんだ

 

 

痩せこけたゾウ、祭りに出演後倒れる スリランカ当局が経緯を調査へ

8/17(土) 22:26配信

『スリランカで今週行われた毎年恒例の仏教の祭りで、高齢の痩せこけたゾウが無理やりパレードに出演させられた後に倒れたことを受け、同国政府は16日、関係当局に調査を行うよう命じた。 』

 

痛々しい写真

仏教の祭りなのに、こんなことがあってはいけないでしょ

他のゾウさんたちも、多かれ少なかれ、

こういう祭りに出さされること自体無理を強いられているよね

 

メアリトプシーの話も、残酷

 

無理を押しつけられたら、怒ってやっつけろ〜

人に虐められたら、虐め返せ〜 って思ってしまうけど

 

だけど、ゾウさん、怒ったら最後、人に危害を加えたら最後

人のために良いように使われ、虐められ、人に反抗すると、結果は死

 

飼育されているゾウさんの幸不幸は、飼い主次第

 

 

野生のゾウさんにも、人との確執があり

 

衝撃的なのは、この写真

 

群衆に火をつけられ、逃げるゾウの親子

 

『写真のタイトルは「地獄がここに」。胸がつぶれる光景だ。インドの西ベンガル州で、ゾウの親子が群衆に追われ、タールを使った火の球を投げつけられたために、子ゾウの体に火がついてしまった。』

『アジアゾウは、国際自然保護連合(IUCN)によって「絶滅危惧種(endangered)」に指定されているが、その主な原因は、人間がゾウの生息域を破壊、分断していることだ。』

 

現地の人たちも被害者、とは言え、ゾウには責任はない

生活域を破壊分断されたゾウのほうが、むしろ被害者

自然破壊を続けた人のほうに責任がある

 

ほんとにゾウさんたちのことを想うと、申し訳なくて胸が痛む

人って、本当に残酷な生き物だなぁ

 

だけど、問題に気づいて、改善の道を探れるのも人間なんだよね

 

 

人間ばかりが威張っている地球だけど

動物たちには、人にはマネの出来ないそれぞれの能力がある

そして、本当に心優しいのは動物たちなんだよ

 

ゾウさんにも、尊敬の念を抱く、

スゴいよ、君たち、大好きだよ!頑張れゾウさん

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

我家のエステルとキングが啓蒙活動

(環境省You Tube)
エステル&キング

(環境省警察庁ポスター) ポスター
環境省HP「動物の愛護と適切な管理」関連資料パンフレット・報告書等より

私のブログ

・旧エステルの生活
エステルの生活
・エステルの生活
エステルの生活
・つばめのおうちは家の中 つばめのおうちは家の中

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM