350頭以上のゾウが集団死

  • 2020.07.02 Thursday
  • 15:08

JUGEMテーマ:生き物

 

ボツワナで350頭以上のゾウが集団死。

死因わからず、さらに増える可能性も

7/2(木) 12:42配信

 

『ボツワナで、350頭を超えるゾウの集団死が確認されている。  

死因はわかっておらず、調査をしなければゾウの死はさらに増える可能性があると自然保護団体は警鐘を鳴らす。』

 

『オカバンゴ・デルタ周辺では、5月に12頭の集団死が確認された。マッキャン氏はBBCに、その後の調査で5月に少なくとも169頭の死を確認したと話す。6月半ばの調査で、その数は350頭に急増した。 』

 

「新型コロナウイルスの制約により、結果がわかるのには時間がかかるだろう」

 

とのことですが、

早く原因を究明してほしいと思います

 

 

象のニュースは悲しいものが多いですが

こちら↓の話題もリンクを載せておきます

 

50年間鎖につながれ、虐待を受けてきたゾウ ついに安息の地へ

2頭の年老いたゾウが2000キロにおよぶ旅を終え、新しい家に着いた。

 

地雷で前脚を失ったゾウ、新しい義足を作ってもらう

 

象を助けるために奔走なさってます

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

にほんブログ村

 

子ゾウに虐待的調教、隠し撮り動画で明らかに

  • 2020.06.26 Friday
  • 13:21

JUGEMテーマ:生き物

 

また、象に関する動画です

 

子ゾウに虐待的調教、隠し撮り動画で明らかに タイの飼育施設 

2020年6月26日

 

『タイのゾウ飼育施設で、観光業で使役される前に行われる調教の一環で、子ゾウが繰り返し棒で突かれて弱っている様子を捉えた動画が24日、公開された。動画を公表した動物愛護団体は、こうした慣例の廃止を訴えている。


 英国に拠点を置く動物保護団体「ワールド・アニマル・プロテクション(WAP)」が発表したこの動画は、昨年隠しカメラを使って撮影されたものとされる。

 WAPによると、映っているのは母親から無理やり引き離された2歳の雌のゾウで、狭いスペースに押し込められた子ゾウは、何日も鎖や縄でつながれ、逃げようともがいていたという。

 調教師は、子ゾウに基本的な指示を理解させるため、長い棒に金属のかぎが付いた「手かぎ」で繰り返し突き、時には出血を伴うこともある。


 WAPは、動画の撮影者らへの報復を懸念し、飼育施設のはっきりした所在地は明かしていない。


 タイの観光業界では、旅行客らを乗せたり、芸を見せたりするため、約3000頭のゾウが使役されている。動物愛護団体は以前から、観光業界でゾウが幼い時から始まる虐待に苦しみ続けると訴えてきた。


 WAPで野生動物を専門とする獣医師のヤン・シュミットブルバッハ(Jan Schmidt-Burbach)氏はAFPに対し、「商業観光のために使役されるのは、今の世代のゾウたちで最後にしなければならない」と語った。』

 

 

人間は、地球上で一番残酷で、身勝手な生きもの

金儲けや娯楽のために、たくさんの動物たちが苦しめられる

虐待して調教するなど、言語道断!

 

個人的には、虐待調教でなくても

イルカショーや猿回し、動物のサーカスのような見世物に必要を感じない

 

動物たちにはそれぞれ、本来の生き方がある

人間のためにその自由を奪われ、

人間の思い通りに従うことを強いられる

 

いえ、飼われている動物たち全部が不幸とは思いません

どんなふうに人間と関わっていようとも、幸せなら良し

 

愛玩動物は愛玩動物として、愛され幸せに

家畜は家畜として、生きている間は心安らかに

野生動物は野生として、自由に堂々と逞しく

 

動物たちにも人間と同じように命がある

そして、人間以上に感情は豊かで優しい

 

武器を持たない素手の人間は、どんな動物の前でも無力

素手で戦わず、ずるいよね人間は、おろかだね、悲しいね

 

 

心が痛むニュースが多いなぁ、毎日、涙

コチラの記事も読んでみてね

少年らに卵を潰された白鳥、傷心のあまり巣の中で息絶える

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

人の命“守る”マスク 動物の命“奪う”恐れ

  • 2020.06.17 Wednesday
  • 13:32

JUGEMテーマ:生き物

 

まだまだ、マスクは手放せませんね

そんなマスク、使用済みのポイ捨ては言語道断

焼却ゴミとしてキチンと処理しましょう

 

イルカが死に絶え、地中海が「マスク」で埋め尽くされる日

6/17(水) 8:53配信

『使い捨てマスクがクラゲのように海中を浮遊し、ラテックス製の手袋が海底に沈む──。ダイバーたちは、アルミ缶やプラスチックカップといったゴミのなかに、こうした「コロナごみ」を目にするようになった。』

 

『こうした状況は、ヨーロッパに限ったことではない。香港を拠点とする環境保護団体「OceansAsia」によると、香港では、わずか100mほどの無人島の海岸でおよそ70個のマスクが回収された。その1週間後には、さらに30個のマスクが流されてきたという。  同団体のゲイリー・ストークスは「いたるところにマスクが落ちている」と話す。 「マスクを使うようになってから、その影響は海岸に現れているのです」 』

 

『そして、こうして海に捨てられたマスクをエサと勘違いしてイルカが食べてしまい、死にいたるケースも後を絶たない。 「海岸には、イルカの死体がよく打ち上げられます。そして解剖すると、体内からマスクが出てくるのです」 』

 

『人間の活動が一時停止し、海は本来の美しさを取り戻したはずだった。それにもかかわらず、家の外に出られるようになった途端、再び人間は海を汚しはじめた。 私たち人間の無責任な行動が、イルカやウミガメを殺し、海をマスクでいっぱいにする──。使い捨てマスクは、完全に分解されるまでに450年かかるとされている。』

 

 

 

道路に落ちているマスクや

家でも置きっ放しにしたりすると、ペットにも危険が!

 

人の命“守る”マスク ペットの命“奪う”恐れも 

布マスク製作時にも注意 福岡県

6/15(月) 20:15配信

『全国では動物がマスクを飲み込んでしまうというケースがこのところ増えていて、獣医師もその危険性を指摘しています。 「当然腸に下っていけば布でもプラスチックでも毛糸でも詰まる恐れは十分ある」 丈夫な素材でできているマスク。 消化されにくく、放っておけば腸がつまり最悪の場合、死んでしまうこともあるといいます。』

 

また、布マスクを手作りする際に、飼い主がちょっと目を離した隙に、縫い針を飲み込んでしまったケースもあり

 

『新型コロナでペットを取り巻く環境にも変化が起きている今、さまざまなリスクに注意が必要です。』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

(それぞれの記事について全文はリンク先にてお読みください)

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

コロナ禍で高まるペット需要 「命を預かる」飼い主の覚悟に募る懸念

  • 2020.06.14 Sunday
  • 22:54

JUGEMテーマ:生き物

 

 

コロナ禍で高まるペット需要 「命を預かる」飼い主の覚悟に募る懸念

6/14(日) 7:35配信

 

『 ペットの犬猫人気がにわかに高まっている。ペットショップでの販売数や動物保護団体への譲渡申し込みが増えているというのだ。突然のペットブームの背景にあるのは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり需要。自宅で過ごす時間が多くなり、主に癒やしとしてペットを求めている。ただ緊急事態宣言が全面的に解除され、これから外出の機会も多くなるとみられ、ネット上では「覚悟を持って飼っているのか」と懸念する声も上がっている。』

 

(中略 全文は記事タイトルリンク先で)

 

『 動物福祉に詳しい帝京科学大の加隈良枝准教授も「自粛生活で癒やしを求める気持ちは理解できるが、受け入れた動物との生活はコロナ収束後も長く続く」と警鐘を鳴らしている。』

 

 

このことについては、

アリ&エルがお世話になっているドッグトレーナーさんも危惧しておられた

 

「保護犬を譲渡してもらうにせよ、お店で買うにせよ

安易な気持ちで飼い始め、そのうちに結局は手放す人も増えてくるだろう

これからが大変なことになることが懸念されます

 

今は一時的に、保護犬や保護猫の譲渡も進むかもしれないが

結局、放棄された犬猫というのは、躾が入ってないことも多い

 

犬を飼うということを安易に考えていると、飼い主さんは苦労することになる

躾面で手に負えなくなって、スクールへの申し込みが増えるかもしれません

スクールに通うことを選択してくれる飼い主さんはまだ良い

手に負えず愛情が薄れてしまったまま飼い続けるというのも、犬が可哀そうです

虐待やネグレクト、遺棄といったことは、絶対にあってはなりません」

 

と、仰っておられました・・

 

飼ったからには人も動物も幸せに

それは一時的なものではなく

十数年間持続するものでなくてはなりません

 

今後が気になるところです

 

新しく第3版が出来ました

ポスター

トレーナさんに、このポスターを

「うちの子たちがモデルで写真は私が家で撮ったものなんですよ」

と、スマホでお見せしたところ

 

「あっこれ!見たことありますよ、欲しいです」

「教室に貼っておきましょう!」

 

と仰ってくださったので

役所に問い合わせたところ

まだ配布はされていないとのことでした(6/12現在)

 

《追記 6/15》

環境省より連絡ありました

『ポスターをご希望の際は、お住まいの自治体(動物愛護担当部局)へご相談ください。

自治体に在庫がない場合、環境省より自治体へ郵送させていただきます。

なお、ご要望のポスターにつきましては法改正に伴い多くの自治体から発送請求をいただいており、ご希望枚数をお渡しできない場合がございますのでご了承ください。』

 

とのことでした

 

再度、役所に出向き、取り寄せをお願いしてきましたが、

担当の方、法改正がされたことも、ポスターもご存じないようで

「仮にも動物にかかわる部署で働いてるなら、も少し勉強なさって〜」

と、言いたかったです

 

(第2版が出たときも、役所で取り寄せてもらいました)

 

なお、環境省動物愛護管理室のホームページに掲載されているポスターデータ(PDF)は、

営利を目的とした使用でなければ、ダウンロードし、そのまま配布・掲示することは可能となっています

ダウンロードは⇒コチラ

 

 

《追記 6/19》

昨日18日に、役所より

『ポスター届きましたの電話あり

はや!早速、入手!

皆様も、ぜひ、役所へ!

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

 

ポニョさんとも仲良し

  • 2020.06.14 Sunday
  • 22:47

JUGEMテーマ:わんこ

 

ハーイ、アリ&エルでっしゅ

    エルサ           アリス

 

 

あたしたち、仲いいのよね〜

 

 

あたしたち、すっごく仲良いわけでもないけど、喧嘩もしないわ

ガウガウすることもあるけど、結局は本気じゃないの

まあ、きょうだいの戯れ?ストレス解消?って感じ

 

で、うちには、ニャンコちゃんも三人いるんだけど

ねえ、ワンとニャーって、仲良くできると思う?

 

 

はい、まあ、仲は良くしてもらってます、

問題ないですにゃ〜(ポニョ)

 

 

アリス&ポニョ💛

 

 

仲間に入れて〜のエルサ

 

 

エルサはしつこいので苦手だなぁっ、て感じのポニョ

ポニョが走って逃げると、追いかけます

 

 

遊ぼうって言ってるだけなのに・・ね

 

 

まあまあ、今日も平和に楽しく過ごしました〜

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

路上に「毒餌」 散歩中の犬が犠牲に

  • 2020.06.14 Sunday
  • 12:38

JUGEMテーマ:生き物

 

路上に「毒餌」、散歩中の犬が犠牲に 劇物メソミル含有 北九州市
6/14(日) 10:00配信

 

『 北九州市小倉南区の郊外で散歩中の犬が路上に落ちていた青いペットフードのようなものを食べた直後に泡を吹いて死んだとの情報が「あなたの特命取材班」に寄せられた。住民は区役所や警察に相談したが、具体的な対応は取られなかったという。』

 

『 同じようなものは周辺に散らばり、一カ月ほど前にも近くの路上に落ちていたという。住民が警察署に相談し、現場を訪れた署員に状況を説明したが、「犬を狙って故意に置いたとは断定できない」と言われ、その後、区役所に行ったものの「犬の殺傷は器物損壊罪に当たり、警察の対応」と言われた。 』

 

『北九州市小倉北区の離島・馬島では近年、島の猫が急減し、周辺で青い薬物のようなものが付着した魚の切り身が見つかった。動物虐待防止に取り組むNPO法人「SCAT」(福岡市)の調査でメソミルが検出され、同法人が刑事告発。県警は毒入りの餌をまいて猫を殺傷したとして動物愛護法違反などの疑いで、区内の男性を書類送検した。

 同法人の山崎祥恵代表理事は「故意でも過失でも毒物が路上に落ちていること自体が問題だ。子どもが拾って口に入れる危険もあり、警察にはしっかりと対応してほしい」と訴える。

 ペットを巡るトラブルは各地で発生し、ペットの殺傷などを厳罰化する改正動物愛護法が1日に施行された。ペットトラブルに詳しい渋谷寛弁護士(東京)は「ペットの殺傷は証拠が乏しいことが多く、立件が難しい。トラブルを避けるには飼い主が与えるもの以外、食べないようにしつけるしかないのではないか」と指摘した。』

 

 

我が家の周辺にも毒餌がまかれたことがあったらしい

「ずっと前の話だけど、猫がたくさん死んだよ」

「でも、もうその人いないから大丈夫」

と、近所の方から聞いた

 

へえ、そんなことあったんだぁ

 

と、あまり気にもしてなかったが

 

最近になって、

近所のワンコが散歩から帰ったら嘔吐がひどくなり血便も発症し

動物病院に入院、生死をさ迷った

 

原因は不明、無事に回復したのが何より

 

すぐそのあとに、別のご近所さんから

「あそこの坂の当たり、毒が撒かれてるから気を付けて」

「散歩のときは通らないほうがイイよ」

「猫がいなくなったんだけど、あのせいかと思う」

「あそこの家では、奥さんが亡くなってから、偏屈おやじになって」

「家の周りに猫がいるのが気に入らないらしい」

 

メソミルとか農薬を口にした場合

死に至らないにしても、どんな症状がでるのか

やはり血便とか下痢とかが、目に見える症状かな

肝臓とかも悪くなるのかな

 

とにもかくにも、愛犬を守るためには、落ちているものを口にしない躾は大事

でも、なかなか、完璧とはいかず、ひょいと間違って口にするかも

自由にしている外猫ちゃんが、一番危ない

 

毒餌事件があっても、役所も警察も、

なかなか動いてくれないことが、もどかしい限り

 

亡くなった犬の飼い主さんも、

さぞかし悔しい想いをなさってることと思う

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

餓死させられた14万羽の鶏 食べることは動物を苦しめて良い理由にはならない

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 21:55

JUGEMテーマ:生き物

 

餓死させられた14万羽の鶏 繰り返さないために出来ることは

6/10(水) 11:21配信

 

『 昨年12月から今年の2月にかけて、

うめどりというブランドで鶏肉を生産する業者が、14万羽の鶏たちを餓死させた。

食べることは動物を苦しめて良い理由にはならない。
目をそらすのではなく、二度と起きないよう、どうか知ってほしい。

 

鶏肉という産業の裏側で

『 長く苦しんだ挙げ句に死に至る餓死は、許されることではない。

一つの業者が14万の動物を餓死させたという事件は、ただ事ではない。  

 

しかし、この問題はこの業者だけの問題ではないことを強調したい。  

 

今の国内の畜産業においては、餓死や衰弱死をさせる養鶏場は多数ある。

養鶏業では一つの養鶏場だけで1日に何十羽も死に、又は淘汰対象になる。

餓死や衰弱死だけでなく、焼き殺してみたり、溺死させてみたり、

そのまま廃棄物処理業者に出してみたり、驚くような酷い方法で殺している。  

 

そして、このようなむごい扱いを容認しているのが、

動物たちをその農場がどう扱っているのか知らずに鶏肉を買い、食べる消費者だ。

無関心な消費者たちがいるかぎり、畜産業は変わらない。

 

鶏たちに何が起きたのか

 

餓死するということ

 

精神的な苦しみも

 

動物の安楽殺を議論しよう

『日本には殺処分を嫌がる畜産農家が多いが、そのような人には畜産は向いていない。

また、殺処分のことを議論すらしたくないという人は、動物を苦しめることを助長している。

見たくない、聞きたくない、という裏で、動物たちはよりひどく苦しめられているのだから。

 動物福祉の重要な点として、安楽殺が含まれていることを認識し、議論をはじめなくてはならない。

そうでなければ、日本にはいつまでたってもアニマルウェルフェアは定着しないだろう。

 もしあなたが殺す方法の議論を直視できないのであれば、今すぐ、肉や卵、動物利用から離れるべきなのだ。

 しかし、犠牲は今日も産まれ続けている。だから向き合うしかない。

 消費者としてできることは、買い物をする時に、アニマルウェルフェアが配慮されているのか確認することだ。海外の大手企業は、アニマルウェルフェアのポリシーを持ち公開しているところが多い。スーパーやレストランにアニマルウェルフェアのポリシーを作って公開してほしいと意見することも、動物たちの苦しみを将来的に減らすことにつながる。

 和歌山県によると、県は動物愛護法違反の疑いで業者を告発した。動物愛護法が機能するのか、見守りたい。

 

 

(記事の全文はリンク先でお読み下さい)

 

こちらの記事もご覧ください⇒日本で「ニワトリ」はこんな風に殺されている…知られざる現実

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

妊娠中の象、爆薬の詰まったパイナップルを食べて死亡

  • 2020.06.04 Thursday
  • 22:29

JUGEMテーマ:生き物

 

歳をとったせいで、とても涙もろい

哀しい話はなるべく避けて過ごしたい

 

でも、つい、見てしまった

このニュース

 

妊娠中の象、爆薬の詰まったパイナップルを食べて死亡(印)

6/4(木) 21:00配信

 

『密猟や違法な取引で野生動物が犠牲になってしまうケースは後を絶たないが、このほどインドで野生の象が爆薬の詰まったパイナップルを食べて口に大怪我をしてしまった。物が食べられなくなった象は耐え難い痛みを抱えながら息を引き取ってしまったという。』

 

インドのケララ州にあるサイレント・バレー国立公園に生息していた15歳の雌の象が先月27日、同州マラプラム地区を流れるヴェリヤー川で立ったまま死んでいるところを発見された。同地区の森林局の職員であるモハン・クリシュナンさん(Mohan Krishnan)は、のちに「人生の中でもっとも胸が締め付けられるシーンだった」と明かしている。 

 

モハンさんによると、象は何者かが仕掛けていた爆薬入りのパイナップルを食べたことにより、爆発によって顎と舌を負傷したという。モハンさんが現場を確認した時、既に象は負傷により食べ物を口にすることができない状態で弱っていたそうだ。 

 

象は群がってくるハエや虫から身を守るために川に入ったと見られていたが、『New York Post』では「この象が自ら死を感じ取ったため川に入ったようだ」と報じている。モハンさん達は、野生の象を救うために訓練された“クムキ(Kumki)”と呼ばれる2頭の象を連れて救助を試みようとしたが、時既に遅く象は川で息を引き取ってしまった。

 

直接の死因は肺に水が入ったことによる窒息死だったが、象は痛みを抱えながら川の中で救助隊に危害を加えることもなく静かに息を引き取ったようだ。森林局管轄の獣医でこの象を検視したデイヴィッド・エイブラハム博士(David Abraham)は、次のように述べている。 

 

「私は20年以上、約250頭もの象の検視を行ってきたのですが、初めて象の胎児をこの手で抱き、胸を打たれました。当初は象が妊娠していることに気づきませんでしたが、心臓をみている最中に羊水があることに気づき、妊娠していることが分かったのです。」 象は妊娠しており、胎児とともに絶命したことがエイブラハム博士の検視によって明らかとなったのだ。

 

なお今回のように、爆薬が入った果物による象の負傷は過去に何度もあるそうだ。農村部では作物を野生のイノシシなどから守るため果物に爆竹のようなものを仕掛けておき、それを象が誤って食べてしまうという。 

 

このたび息を引き取った象は妊娠中で栄養を蓄えるため農村部まで食料を求めてやって来て、爆薬入りのパイナップルを食べてしまったもようだ。

 

また象の牙を狙う密猟者も同様の手口を使うため、インドの野生生物保護法では今回のような罠や仕掛けは違法だとして、森林局へ「爆薬入りのパイナップルを仕掛けた犯人を特定するように」との声があがっている。

 

森林局では「インド憲法の第51条A(g)は生き物への思いやりを持つことはインドの全ての市民の義務である」と記して、象の死の直前の写真とともにSNSに投稿した。

 

 

人のことでは、あまり泣かない

人に関しては、ある面、自業自得

 

動物のことは、私の胸を締め付ける

特に、象の話になると、痛々しさが半端ない

 

かわいそうに、苦しかったろう、ごめんよ、ごめんよ

 

 

こちらには動画もあります

   ↓

妊娠中のゾウ、爆発物入りの果物食べて死ぬ インド

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

狂犬病予防接種、必ず受けましょう

  • 2020.06.02 Tuesday
  • 13:11

JUGEMテーマ:わんこ

 

はーい、アリスでございます〜

 

は〜い、エルサ でっすぅ〜

 

なんか恐ろし〜い病気の予防に行くんだって(予約6日)

注射って、ほんと、イヤ、でもね

どんなに注射が嫌いでも、絶対しなくっちゃいけないんだって

 

 

 

今年は、狂犬病予防集合注射は中止

『新型コロナウイルス感染拡大防止のため

令和2年度狂犬病予防集合注射を中止とさせていただきます』

と、案内のはがき

 

まあ、我が家では、集合注射を利用することはないので、何の問題も無し

あっ、予防接種しないってことじゃないですよ

毎年、個人的に動物病院で接種してもらってます

 

でも、集合でするのが当たり前のおうちもある

動物病院でしてもらうという認識がない方もいる

 

「狂犬病の注射がなくなったんだってな」

「でもやっぱりせなばいけねだべ、どうすべか」

と、おっしゃるオジサマ

 

だからね、はがきを、よく読んでくださいね

 

『下記記載の市と協定を締結している動物病院では

注射済票の交付がその場で受けられます』

 

協定を締結してる病院でなくても、注射は受けられるし

その場合は、注射済の証明を役所に持ってゆけばOK

 

集合接種がないと面倒がって

注射受けに行かないおうちもあるかも、ですね

みなさーん、面倒くさがらずに

きちんと動物病院で注射を受けましょうね〜

 

でも、今は、予約制となってる病院が多く

直接行ってもすぐには受けられないこともあり

まずはお電話してみましょうね〜

 

 

※「犬の所有者は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年一回受けさせなければならない。」 違反した場合は20万円以下の罰金刑

 

※「予防接種を受けた場合に交付された「注射済票」は犬に付けておくこと」違反すれば20万円以下の罰金

 

 

日本では、狂犬病の国内感染は1950年代が最後

長く発症していないために

けっこう、ゆるゆるになってるところもあるように感じる

 

だ、け、ど、油断していると

いつなんどき、検疫をすり抜けて

海外から持ちこまれるか分からない

発症すると、ほぼ100パーセント死に至る

 

2006年にはフィリピンで犬にかまれて感染し

帰国後に発症して2名が死亡している 

 

そして、今年5月には、フィリピンから来日した人が狂犬病を発症

2006年以来、14年ぶりの発症者の確認となった

 

もし感染したら、コロナよりもこわいこわ〜い、狂犬病

愛犬家の皆さん、毎年の予防接種、キチンと受けさせましょう

 

 

下の記事なんだけど、カーチャンがまとめたんだって

 

狂犬病について〜予防接種は必要か〜

 

ずいぶん前にまとめたらしいけど

よく頑張ってお勉強したものだと、

カーチャン自画自賛してましゅよ  

読んでみてね

 

読んでね〜〜!

 

フィラリアも、ダニもノミも予防して

混合ワクチンも接種して、狂犬病予防も怠りなく

 

毎日元気に楽しくね〜〜

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

動物の遺棄・虐待防止ポスター 第3版ができました

  • 2020.05.28 Thursday
  • 23:02

JUGEMテーマ:生き物

 

はーい、アリ&エルでっすぅ

エルサお姫様          アリスお嬢様

 

あたしたちね、いつもこんな広場で遊ばせてもらって

楽しく毎日を過ごしてまっす

でもねぇ、幸せじゃないワンもいるんだって〜

 

なんか、悲しいよね・・

 

・・ねえ、このポスター知ってる?

 

エステルさんとキングさんって

あたしたちの大先輩らしいでっす

 

エステルさんとキングさん

ポスター

 

動物の遺棄、虐待防止のポスターです

令和2年6月から新しい法律に基づいて

第3版が出来ました

 

平成21年に初版が出来たとき

まだアリ&エルはいなかったよね〜

 

 

 

 

我が家のエステルさんとキングさん

いつまでも、動物愛護に貢献し続けます

 

みなさま、どうぞ、大いにご活用なさってください

 

あたしたち、今日も楽しかったですよ〜〜

みーんな毎日、楽しく過ごせるといいね

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

我家のエステルとキングが啓蒙活動

(環境省You Tube)
エステル&キング

(環境省警察庁ポスター) ポスター
環境省HP「動物の愛護と適切な管理」関連資料パンフレット・報告書等より

私のブログ

・旧エステルの生活
エステルの生活
・エステルの生活
エステルの生活
・つばめのおうちは家の中 つばめのおうちは家の中

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM